スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
音感は備わった?
以前も書いたのですが、うちの子供は年長から小学5年まで、そして、中学に入って半年ほどピアノを習っていました。

最初の頃、聴音をレッスンでやっていたのですが、だ、だ、だいじょうぶ?というぐらいできませんでした。
ドミソと先生が弾いて、子供がドミソと答える。ここは、まだ答えられる、でも、ドファラとかシレソとかになると、まるでちんぷんかんなことを言うんですよ…
いくら幼児とはいえ、あー、この子は全く音感がないんだなぁと思いました。

レッスンを続けている過程で、台所にたちながら、子供の練習を聴いてると、ん?その音、絶対違うよね?ってのも、平気で弾いてる。不協和音でも平気。
私が耐えられなく、「今のこの音、違うでしょ!?」って言うと、「えー、見てないのによくわかるね」って(^^;;
だいたいソナチネとかブルグだったら、相当昔とはいえ、何となく覚えているし、そんな不思議な音の組み合わせ、ないし。

それで、歌を歌っても、これまためちゃめちゃ外すんです。いわゆる、音痴…
これも、音感のなさなのか、声が思っているように出せないのか?なんだか、わかりませんが、子供が歌い出すと、その音違うーと突っ込みどころ満載。
でも、あえて直しませんでした。本人、楽しく歌ってるからね。

そんなこんなで、きましたが、ここ最近、あれ?もしかして、わかるようになってきた?と言うことが。
先日カラオケに行ったとき、子供がよく聴く歌は一応さほど外さず、音程も概ね正しく歌えてた。

それと、私の発表会、間違ったところをもれなく指摘できる。
練習のときに、子供はさんざん家で聴かされているわけだけど、ビデオに撮った私の演奏を聴いて、「あ、ココ!あ、ココ!」と、そりゃぁ、嬉しそうに指摘してくれるんだな!
いかにも!ってな間違いだけでなく、ラフマニノフの前奏曲6番のように、間違えてもそれほどわからないよね?ぐらいの間違いも。
今頃になって少しずつ音感が備わってきたのかなぁ^_^
スポンサーサイト
[2014/04/17 06:52 ] | ピアノ | コメント(2) | トラックバック(0)
<<ベトソナに夢中 | ホーム | ほぼ満開>>
コメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2014/04/18 11:00] | | # [ 編集 ]
お気遣い、ありがとうございます^^

まさに!鍵コメさまが大学時代を過ごされた土地が出身です!!!
想いでの地ですね~
私は大学は上京したので高校までいたのですが、入れ違い?もしくはすれ違っていたかも???

鍵コメさまの出身地、有名ですよね!
おいしいですもの!
大好きです^^お正月に実家に帰ると、刺身に、しゃぶしゃぶ・・・
う~何だかお腹がすいちゃう^^;
冬の味覚は最高ですよね~
[2014/04/18 17:16] | URL | huku-ume #- [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://maokou0409.blog.fc2.com/tb.php/65-e349b0d4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。