スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
曲のイメージ
曲が弾けるようになってくると、ここはこういうイメージ、全体を通してこういうイメージと、イメージはいつも描いているつもり。

でも、いざ、「ここは、どんなイメージを持って弾いていますか?」と聞かれたら…
前の先生にはよく聞かれ、困りました。
情景が目に浮かぶ時はいいんです、でも、私の場合、男女の恋愛関係から連想して、こういう気持ちとか、想いとか、そんなことを浮かべちゃうので(笑)いやー、恥ずかしくて言えません

今の先生と特別上手いチビっ子たちの話になったとき、
「今の子たちって、コンクールに出て上位になる子は本当に感情豊かに弾けるのよね、人生経験が豊富なわけでもないのに、その先生たちは、どうやって教えているのかしらー」と、先生。
ほんと、子供なのに、色気があったり、切なさを表現していたり、大人の私より、いろんなこと知ってる???と思っちゃうほど。

子供時代の私と言えば、短調イコール悲しい、悲しいけど、悲しいにもいろいろある、そうだな、親が死んじゃったことを考えて弾こう~などと、何度も親を葬り去っていたかも(汗)。
お父さん、お母さんごめん!
逆に楽しい感じの曲は、うれしかったこと、楽しかったことを思い浮かべればよかったので、比較的イメージしやすかったような。

いずれにしても、何ともしょうもない、人には言えないようなイメージでしか弾けない私。
絵画鑑賞、本や詩などの読書、そういうものが、もっとピアノに結びつくといいのでしょうけどね^^;

スポンサーサイト
[2014/04/14 09:50 ] | ピアノ | コメント(6) | トラックバック(0)
<<ほぼ満開 | ホーム | 週末のストレス>>
コメント
訪問歴からやってきました。「ティンパニで朝食を」こと高木と申します。

音に対してイメージを持つことはとっても大切ですね。そこはみなさんおっしゃるんですが、私も小さいころからピアノとのお付き合いは長いんですが、ピアノを弾くときにとくに気をつけなくてはいけないのが、曲全体のイメージ・場面ごとのイメージをいかに大切にできるか、だと思います。

打楽器のように1発に命をかける(大げさ…!笑)のと違い、ピアノはメロディ、和声、リズムすべてを一人でできてしまいます。それだけ目も手も足も忙しいんですね。楽譜に書かれていることを追っかけてとにかく音に変換するだけでいっぱいいっぱいになりがち。

音楽全体の流れ、ひとつひとつの音、いかにイメージを豊かに持てるか、ですね。
非常に大きなテーマなのでここには書きつくせません。
また私のブログも時々のぞいて見ていただけたら幸いです。
[2014/04/15 09:03] | URL | 第一楽章 #- [ 編集 ]
えぇ~?どんなイメージを持って弾いているか質問されるんですかぁ~?
それは、はっきりとしたイメージが無い限り、言葉での表現も難しいし・・・困りものですねぇ。
でも、面白いです!笑ってしまいました~!
何度もご両親を・・・。
男女の恋愛をピアノの先生にしかもレッスン中に話すのも・・・、なんだかレッスンどころじゃなくなりますね。
小さい時って経験も少ないから、悲しい=身近な人がいなくなる、ですよねぇ。
楽しい、はおやつの時間、とか?
大人になった今だってぼんやりとしたイメージだし、言葉には出来ないですね。
文学の勉強みたい・・・。
色んな先生がいて、レッスンの内容も色々あるんですねぇ。

確かに、牛田クンとか人生経験が私より少ないのに私以上に人生の悲喜こもごもを知り尽くしているような演奏してますよねー。
あー、面白かった、huku-ume様、ありがとうございます!!
[2014/04/15 10:02] | URL | ひさへ #- [ 編集 ]
ちょ・・・!爆笑ですよ!(笑)
親を何度も葬り去ったとか!

ほんとに、お子さんなのに、大人顔負けの感情表現で弾かれ音を聴くと、驚きます。
この曲をこんな何も分からない子供に弾かれたくない!!これは大人の曲なのよ!!と思いつつも、めっちゃ上手なんですよね(笑)

それにしても・・・どんなことを思い浮かべて弾いているか、わたしも曲によっては人には言えませんわ(笑)
[2014/04/15 11:27] | URL | ねこぴあの #- [ 編集 ]
高木さま、ご訪問いただき、そして稚拙な文章にコメントまでいただき、ありがとうございます。

> 音に対してイメージを持つことはとっても大切ですね。そこはみなさんおっしゃるんですが、私も小さいころからピアノとのお付き合いは長いんですが、ピアノを弾くときにとくに気をつけなくてはいけないのが、曲全体のイメージ・場面ごとのイメージをいかに大切にできるか、だと思います。

おっしゃる通りですね。
私の場合、とても不勉強なため、作曲家が作曲した背景などわからず弾いていることも多く、自分勝手なイメージを膨らませているように思います(汗)
今の先生とは、ここはこういうイメージだよね?と確認作業をしたり、時には先生からこの作曲家はこういう想いで作っているからと話を聞かせてもらい、さらにイメージを膨らませています。

それだけ目も手も足も忙しいんですね。楽譜に書かれていることを追っかけてとにかく音に変換するだけでいっぱいいっぱいになりがち。

そうなんです、いっぱいいっぱいです。
イメージが持てるようになるまでの道はとても長いです(^^;;

> また私のブログも時々のぞいて見ていただけたら幸いです。

また訪問させていただきますね。
ありがとうございました。
[2014/04/15 19:01] | URL | huku-ume #- [ 編集 ]
ひさへさま、こんばんは!

> えぇ~?どんなイメージを持って弾いているか質問されるんですかぁ~?
> それは、はっきりとしたイメージが無い限り、言葉での表現も難しいし・・・困りものですねぇ。

そうなんですよ~困りますよね!
娘の先生と同じ先生だったんですが、子供の生徒さんが多かったからでしょうか・・・
子供は面白い発想をしますからね~
いや、おばさんの発想も聞いてみたかったのでしょうか・・・?!

> 男女の恋愛をピアノの先生にしかもレッスン中に話すのも・・・、なんだかレッスンどころじゃなくなりますね。

はい、そうなんです、純粋な恋愛ならいいのですが、不倫の末の・・・とか、そんな発想している
とは、絶対に言えませぬ(って、どんな曲じゃい!って感じですね^^;)

> 楽しい、はおやつの時間、とか?

それ、まさにビンゴですね^^
私は小さい頃から食べるのが好きな子供だったので(笑)

> 確かに、牛田クンとか人生経験が私より少ないのに私以上に人生の悲喜こもごもを知り尽くしているような演奏してますよねー。
> あー、面白かった、huku-ume様、ありがとうございます!!

牛田クン、表情から物語ってますものね~
ひさへさまに喜んでいただけて、私もうれしいです!
ありがとうございました^^
[2014/04/15 21:21] | URL | huku-ume #- [ 編集 ]
ねこぴのさま、こんばんは~

> ちょ・・・!爆笑ですよ!(笑)
> 親を何度も葬り去ったとか!

そうなんです(笑)
まるで、ずる休みをするときに、誰か親戚を葬り去って忌引きにするかのようです^^;
いや、念のため、私はしませんよ~^^

> ほんとに、お子さんなのに、大人顔負けの感情表現で弾かれ音を聴くと、驚きます。
> この曲をこんな何も分からない子供に弾かれたくない!!これは大人の曲なのよ!!と思いつつも、めっちゃ上手なんですよね(笑)

うふふ、ほんと、そうですよね~
子供たちは、どういう感情で弾いているのでしょうかね~
純粋に感性で弾いているのでしょうか。。。
いろいろ経験、知識豊富な大人も、結局負けちゃいますかね(涙)

> それにしても・・・どんなことを思い浮かべて弾いているか、わたしも曲によっては人には言えませんわ(笑)

ねこぴあのさまがどんなイメージをもってらっしゃるのか、聞きたいな~(笑)
ころころ転調する曲なんて、まさに恋愛感情そのものだと思うんですけど、
そんなこと、人には恥ずかしくて言えませんよね^^
[2014/04/15 21:36] | URL | huku-ume #- [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://maokou0409.blog.fc2.com/tb.php/63-6aa7aa99
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。