スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
4/5 レッスン ノクターン
ノクターン、家では一応私なりに弾けていると思っていましたが、いざ先生の前で弾いてみると何だかイマイチ。
ピアノの違いに戸惑いました。
今さら?先生のお宅のピアノにどうも、しっくりこなくて(偉そうですね…汗)
というか、自分の家のピアノに慣れてしまって、響きが耳に残っているせいか、先生のピアノで弾いたとき、弱音ペダルの音に動揺してしまいました。

後で先生にお聞きしてみると、
「いいピアノだと微妙な踏み加減で響きも違うから、その踏み方で音を調整できるのよね、でもうちのはあまりよくないから、そういう加減があまりできないのよね」と。
うちのピアノより、弱音ペダルの効きがよくて、弾いているとき、え?こんなにこもった音にならなくていいんだけど、と思ってしまいました。
ppであっても、キラキラした音にしたいときなど、弱音ペダルを踏みたくないんです。でも、それは私の技量の問題なのかも。
どうも、弱音ペダル、苦手です。

ノクターン自体は概ねキレイに弾けていますと言っていただけたのですが、やはり中間部の同じテーマが何度も出てくるところ、ここはもう少し工夫が必要よねと。
最初に出てきたときは少し抑え気味に弾き、次に出てきたときは盛り上げてみるなど、、、
あー、文章が下手で、ピンと来ないですよね…(汗)

和声が変化するキーになる音はしっかりその音を感じて(決してその音を強く弾くということではなく、感じる!)弾くことなど、ポイントポイント、頷けることがいっぱいありましたので、今月のおさらい会まで、そこを意識して頑張りたいと思います。

それにしても、家で弾く時はあんなに自分に酔いしれるかのように世界に入って弾けても、人前では絶対にそういう風に弾ける自信がないなぁ。
ゆったりした曲を披露するのって、かえって、難しいのかも、と思い始めています。
ドビュッシーの月の光も、大好きなんですが、発表会ではちょっと…と思ってしまいます。
でも、以前大人の方で発表会でとても雰囲気ピッタリ素敵に弾かれていたのを聴いて、あー、イイなぁと思いました。
ドビュッシーの夢も男の方が弾いているのを聴いたことがあるのですが、これまたドビュッシーの世界に入っていて、よかったんです。
私も発表会の場で自分の世界に入って弾けるようになりたいなぁ
と、話は脱線して終わります
スポンサーサイト
[2014/04/06 21:14 ] | ピアノ | コメント(4) | トラックバック(0)
<<4/5 レッスン スケルツォ | ホーム | 4/5 レッスン バッハ>>
コメント
>ppであっても、キラキラした音にしたいときなど、弱音ペダルを踏みたくないんです。でも、それは私の技量の問題なのかも。
どうも、弱音ペダル、苦手です。
→ああ、その気持ちとてもよくわかります。弱音ペダル踏むtと音の質がまったく変わってしまいますもんね。そのこもった響きがほしいときもあるけど、弱音ペダルを踏んでないときのタッチを響きや維持したまま音量を抑えたいと思うことも少なくないです。上手な人はペダルに頼らなくても指だ音量を完璧にコントロールできるのでしょうね。うらやましい。道のりは遠いですが指だけでPPPからFFFまで表現できるようになりたいと思い修行中です。
もちろん楽譜にウナコルダという表示があるときはできるだけそれにしたがってはいますよ。

>それにしても、家で弾く時はあんなに自分に酔いしれるかのように世界に入って弾けても、人前では絶対にそういう風に弾ける自信がないなぁ。
ゆったりした曲を披露するのって、かえって、難しいのかも、と思い始めています。
→これもまったく同じ意見です。気が合いますね~笑
私も家で弾いているときはかなりの自己陶酔モード(?)です。
私の場合、気心の知れた人の前だとそもモードで弾くことがありますが、ただそうすると、ちょっと自分の世界に入り込みすぎといいますか・・・
曲の世界に浸りきっている自分と、少し離れた場所でそれを冷静に見つめてる自分が、共存してるのが理想だそうですけど、難しいですよね!
[2014/04/07 08:38] | URL | 私はタワシ #5eVrhZok [ 編集 ]
ゆったりした曲は難しいです。
でも速い曲も難しいです。
歌う曲も難しいです。
さらっと弾く曲も難しいです。
もう全部難しいです。
わたしは逆に、自分の世界に入らないで、客観的に自分の音を聴けるようになることが課題です・・・。
[2014/04/07 21:15] | URL | ねこぴあの #- [ 編集 ]
タワシさま、おはようございます!
コメントありがとうございます^^

→ああ、その気持ちとてもよくわかります。弱音ペダル踏むtと音の質がまったく変わってしまいますもんね。そのこもった響きがほしいときもあるけど、弱音ペダルを踏んでないときのタッチを響きや維持したまま音量を抑えたいと思うことも少なくないです。上手な人はペダルに頼らなくても指だ音量を完璧にコントロールできるのでしょうね。うらやましい。道のりは遠いですが指だけでPPPからFFFまで表現できるようになりたいと思い修行中です。

共感していただけて、うれしいです^^
ppの消え入りそうな音を出したいときはもってこい!なんですけど、弱いんだけどこもらないでほしいとき、どうしましょう。。。
私の場合、かくんと踏んで、かくんといきなり音が弱まっちゃう気がして、踏み方にも問題がアリアリです。
pは難しいですよね、fのほうが身体の力を使って出せますよね(といっても、ぶつけちゃ~いけませんものね、結局難しいんだ・・・)

> →これもまったく同じ意見です。気が合いますね~笑
> 私も家で弾いているときはかなりの自己陶酔モード(?)です。
> 私の場合、気心の知れた人の前だとそもモードで弾くことがありますが、ただそうすると、ちょっと自分の世界に入り込みすぎといいますか・・・

うふふ~再度共感していただいて、気があいますね^^
気心の知れた人の前でも私はだめかも・・・
という以前に先生かもしくは発表会しか人前で弾かないので、そもそもダメなんですけどね。

> 曲の世界に浸りきっている自分と、少し離れた場所でそれを冷静に見つめてる自分が、共存してるのが理想だそうですけど、難しいですよね!

そうですね、達観できるほどその曲を弾きこなしてみたいものですね~!
[2014/04/08 08:59] | URL | huku-ume #- [ 編集 ]
ねこぴあのさま、おはようございます!
コメントありがとうございます^^

> ゆったりした曲は難しいです。
> でも速い曲も難しいです。
> 歌う曲も難しいです。
> さらっと弾く曲も難しいです。
> もう全部難しいです。

いやいや~本当に、この曲はカンタンよね~なんて思えるものはそうそうないですよね。
自分の得意不得意もよくわかってませんし。
特に発表会の曲となると、速いのは緊張から指が回らないかもしれないし、ゆっくりは、緊張から飛ばしちゃって歌って弾くどころか突っ走っちゃいそうだし・・・なんて、考えてると弾ける曲なんてないじゃん!と思っちゃいます。

> わたしは逆に、自分の世界に入らないで、客観的に自分の音を聴けるようになることが課題です・・・。

でも、自分の世界に入って弾くのって楽しいですよね~
ピアノを弾いてるときの醍醐味ですよ^^
客観的な指摘は先生に任せちゃえば~なんて思っちゃいますがダメかしら^^

[2014/04/08 09:03] | URL | huku-ume #- [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://maokou0409.blog.fc2.com/tb.php/57-7b0ff241
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。