スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
PTNAのステップ
先日ブロ友さんとお会いしたときにPTNAのステップの話になり、どんな感じだったかまともに思いだせず、何の参考にもならない話をしたことをふと思い出しました(汗)
あらためて、コメントの紙を見ながら、思い出して書いてみようと思います^^;

過去に一度だけ(3年ほど前でした)PTNAのステップを受けました。
PTNAのステップは子供が小さいときに受けたことがあったので、どんな感じだかはわかっていました。
子供が受けたのは、基礎の2とか3とかだったと思います。

先生3人から評価をいただくのですが、正直なところ、私が受けた理由は自分の演奏を聴いてもらいアドバイスをしてほしいからというより、発表することを目標にして練習したかったからでした。

たいてい年に一度は発表会があったのですが、その年はちょうど子供の運動会と重なってしまい出られなかったんです。
全く発表の場がないのも・・・と思い、先生に相談したところ、PTNAを勧められました。ちょうど、先生が所属されているところの主催のPTNAがあったんですよね。

基礎とか応用とか発展とかありますが、課題曲とにらめっこしてみてもピンとこなく、フリーで出ました。

ショパンのノクターン8番で。
この曲は大好きな曲。
一度やったことがあったので、譜読みはラクでしたが、欠点もありました。
入り込みすぎて揺れすぎ(苦笑)

右手のメロディーを歌って弾いてても、左手の伴奏まで揺らしすぎては気持ち悪い演奏になってしまう、何となく弾けただけにグラグラ揺れた演奏になっていたようです。

今の先生に見てもらうのは始めてだったので、いろいろ直していただきました。
(そう、前の先生にはほとんど何も言われなかっただけに、新鮮でした!)

本番は、発表会同様バクバク。
大人の他の人が弾いているのを聴いているだけでもバクバク。

ステップは弾く前にコメントが読み上げられるんですよね。
その読み上げられている間に舞台に登場して、お辞儀して始めるんですが、お辞儀して目に入るのは先生方。
客席中央の部分に、で~ん!とお三方座ってらっしゃるので、イヤでも目に入ります(笑)
私のときは、三人の先生、比較的離れて座ってらっしゃいましたが。

途中までいい感じで弾けましたが、最後の最後でえええええ・・・というミスをしました。
もう、これだよ、これ。
普段ミスしないようなところでミスる。
そのミスに動揺して、その後ふと、つながりを忘れそうになったので、慌てて譜面に目を移す。
すぐにどこかわかってよかった~とほっとして弾き終わる。

舞台袖で先生が、「お疲れ様~、よかったわよ」と声をかけてくださいましたが、残念な演奏だったなと自分ではがっくりしていました。

評価のほうは、コメントで「長期のブランクの後、再開して2年・・・・」と話したからか、概ね甘い?優しい評価でした。

講評では、1人の先生が、
「皆さん大人の方は時間がない中、頑張って練習されていると思います。本番だから、緊張されてるんだろうな、きっと、普段家で弾くときは間違えることもなく弾けてたんだろうな、そんなことも考えながら聴かせていただきました」と。

お~なんて、お優しいお言葉!
まさに私のミスをなぐさめてくださってるような(≧∇≦)

そして、一番印象に残っている先生のお言葉。
「ロマン派を弾かれた方がたくさんいましたが、この時代のものは歌っていることを意識して弾いて欲しい。
今日はそういう意味で声楽を発表されている方がたくさんいらしたので、参考になったと思います」と。

その日のステップはピアノ以外に声楽のソロの方やコーラスの方がけっこういました。
声楽のソロの方は専門的に勉強されている方っぽかった。
(めちゃ、うまかったから~)
コーラスもその方が出ていらして、本格的な感じでした。

聞いているときは、今一つピンと来ませんでしたが、自分あての先生からのコメントを読むと、なるほどーと。

「きれいに弾けてますが、この時代の歌と伴奏の組み合わせをバックグラウンドにしている曲はメロディーを歌と考え、人間の声に近づけます、そうすると、色々なことが制限されてきます。
例えば、細かい装飾音はそんなに速くいれるべきではありません、高い音への跳躍は時間をかけます。
(途中、省略・・・)
常に歌のことを考え演奏します。それには多くの歌曲を聴いてください」
と、ありました。

このコメントは今も常に意識しています。

今はフォーレで。
跳躍する音、ついつい鋭く入りそうになりますが、歌うときは急にその音は出せませんし、息継ぎなんかも考えなければいけないし。
とはいえ、そう弾けているとは限りませんが、自分で意識するだけでもだいぶん違うと思います。

PTNAでは普段先生に指摘されないことを別の角度から指摘してもらえるので、いい経験だったと思います。
という割には、その後出てませんが(笑)

HPを見ると秋から来年の冬にかけて、私の行けるところでもたくさん開催されますし、また受けてみるのもいいかな~と思っています^^
スポンサーサイト
[2014/10/03 09:05 ] | ピアノ | コメント(6) | トラックバック(0)
<<発表会で弾く順番 | ホーム | コツコツかギリギリか>>
コメント
わあ、とても参考になる記事ですね~。
わたしもピティナは興味はあるのですが受けたことがなく・・・。
目の前に先生がどーんと3人!嫌です~~!謝ってもう帰りたくなりそう!(笑)

ノク8、ノクターンの中でかなり好きです。
そのコメントは、確かにとても参考になりますね。
歌って、とっても重要なんですね・・・。
これからどんどん出てみたらいいと思いますよ!
絶対に勉強になると思います♪(お前はどうなんだ・笑)
[2014/10/03 12:35] | URL | ねこぴあの #- [ 編集 ]
こちらにコメントさせていただくのは初めてかも…e-68
ふくうめさん、これ、今の私にとってすごくタイムリーな記事です~~!
とても参考になりましたv-20

目の前に3人の先生がどーんと・・・v-12
怖すぎる・・・v-12
先日、HPにアドバイザーの先生の写真がUPされていてドキドキしました^^:

ふくうめさん、ノクターン8番を弾かれたのですね。
いいですよね~8番、大好きですv-10
歌ですか。私もショパンでステップに出るので、早速意識して練習してみますv-29

是非また出ましょうよ~♪(誘)
[2014/10/03 17:04] | URL | 夕 #DexK2noU [ 編集 ]
いつまでたっても初心者なのでステップとか考えたこともありませんが(苦笑)、先生とは別に客観的なコメントもらえるって良さそうですね(^^♪
こういう発表の場があるとモチベーションにもなりますし♪
しかし、客席中央の部分に、で~ん!ですか…i-202
ものすっごいあがり症なので、考えただけでバクバクです~i-201
なにしろ仲間内の弾き合い会どころか、最初はレッスンですらものすごい緊張してたのでi-229
[2014/10/04 11:11] | URL | エラニユース #ZB19ZV5w [ 編集 ]
ねこぴあのさん、こんにちは!
コメントありがとうございます^ ^

参考になりましたぁ?
先日あまりにも、トンチンカンなことを言ったような気がしまして(汗)
先生がた、視界に入っちゃうと、というか、大きいホールだと、人が少ないですからねぇ、先生!ってわかるんですよ。

> ノク8、ノクターンの中でかなり好きです。

私も、1、2を争うぐらい好きです!

> そのコメントは、確かにとても参考になりますね。
> 歌って、とっても重要なんですね・・・。

そうそう、歌って、とても参考になるみたいですよー。

> これからどんどん出てみたらいいと思いますよ!
> 絶対に勉強になると思います♪(お前はどうなんだ・笑)

あら?ねこぴあのさんも、ぜひ!ぜひ!
って、わたしもあれから出てませんけど(笑)
[2014/10/04 11:32] | URL | ふくうめ #- [ 編集 ]
夕さん、こんにちは~
ようこそ!コメントありがとうございました^^

夕さん、これからPTNAに参加されるのですよね!
参考になったと言って下さってお恥ずかしい限りではありますが^^;

> 目の前に3人の先生がどーんと・・・v-12
> 怖すぎる・・・v-12

夕さんの会場によっては違うかも???
私は大きめのホールでまわりに人も少なかったので、否応ナシに
目に入ったんですよ~

> 先日、HPにアドバイザーの先生の写真がUPされていてドキドキしました^^:

ドキドキしますよね。
先生によってだいぶ違ったりするのかしら~
なんせ1度だけなので分かりません(笑)

> ふくうめさん、ノクターン8番を弾かれたのですね。
> いいですよね~8番、大好きですv-10

そうなんですよ~いいですよね。
今ではもうさっぱり・・・たぶん、弾けません(涙)

> 是非また出ましょうよ~♪(誘)

そそそ、そうですね!
夕さん、どうだったか、ぜひ感想お聞かせくださいね~
頑張ってください!!!
[2014/10/04 18:19] | URL | ふくうめ #- [ 編集 ]
エラニュースさん、こんばんは~
コメントありがとうございます!

そうなんですよね、PTNA、普段習っている先生と別の観点から指摘してもらえるので、
いいと思います!
といいながら、一度しか受けてませんが・・・^^;
HPを見ながらこの回を受けようかな~どうしようかな~と迷っているうちにけっこう
締め切られてしまうことも多いです。
人気があるんですね~
あとは、大人はどうしても遅い時間になっちゃって、その点がネックです。

> ものすっごいあがり症なので、考えただけでバクバクです~i-201
> なにしろ仲間内の弾き合い会どころか、最初はレッスンですらものすごい緊張してたのでi-229

エラニュースさん、あがり症ですか?
私もそうです!!!
どうしたらいいのでしょうね。
私の場合、人前演奏の機会がほとんどないので、これから少しずつ回数を増やして
できるだけ場慣れできればな~と思っていますが、果たしてどうなるやら・・・です^^
[2014/10/04 21:42] | URL | ふくうめ #- [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://maokou0409.blog.fc2.com/tb.php/141-fdad6ed4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。