スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
9/28 レッスンつづき
最後はフォーレをみてもらいました。

こちらは、無言歌の1番と2番。

1番はとにかくバッハやベートーヴェンと違って柔らかいタッチで弾くこと。
指をたてない、寝かせて、内声の部分は触る程度といってもいいぐらいに。
もっと揺らして、盛り上げるところはテンポをどんどんつめて、逆に音が飛ぶところなどはためを作って。
揺らすのはいいのですが、先走る気持ちに指がついていきません(苦笑)

2番は、まだボロボロ状態ですが、こちらの曲は流れるように。
どこがどうというような、盛り上げる箇所も少ないのですが、きれいな曲です。
まだまだ。
弾きこむことですね。

先生、この曲はご存知なかったようですが、「隠れた名曲ね~」と言っていただけました^^
「次回は3番を聴かせてね」と言われたので、譜読み、頑張らねば。

本来、発表会の1ヶ月前ぐらいになると、発表会の曲に集中していましたが、(バッハはやっていたけど)
これから譜読み???大丈夫でしょうか・・・
若干飽き気味になっていると、言ったからかな?!
ベトソナ5月ぐらいから初めてまだ5ヶ月、飽きている場合じゃないし、やるべきこともわかったし、そちら優先にしつつも、他の曲も進めたいと思います。
スポンサーサイト
[2014/09/29 21:17 ] | レッスン | コメント(0) | トラックバック(0)
9/28 レッスン
今日はまさに秋晴れ~
太陽がまぶしく、運転する車の中は暑いぐらいでした。
庭の金木犀がとってもいい香りで、心地いい日です^^
金木犀、いつもは10月に入ってから咲いてるように思いますが、今年は残暑が厳しくなかったせいか、早いですね~

そして、レッスン。
バッハはイギリス組曲2番プレリュードです。
初めて持って行きました。
8ページあるので4ページまで。
アレグロで速いのですが、まだまだ弾けないので、テーマのメロディに気をつけて弾いていました。

こちらはいきいきと快活なイメージなので、16分音符のところもレガートに弾くのではなく、一つ一つの音を分離して弾くように。とのことです。
pのところも、弱弱しくなりすぎないように。
次回は最後まで。譜読みできるかな・・・^^;

次はベトソナ。
今、停滞中であることを伝え、そうしたらいいか聞きました!
第一楽章から。
家で弾くよりは少しばかり、まともに弾けちゃった^^;
でも、細かくみてもらいました。



冒頭、出だしは柔らかく、そして盛り上がっていきますが、アダージョの入り方について。
何となくアダージョにさらっと入ってしまってましたが、ためを作って、一番高音のラを響かせることが大事。
左手の休符のあとの和音が右手のラの響きを邪魔しないように。
と、細かく書くとこうなのですが、思いをのせて、アダージョを弾く。
がらりと変える。ということかな。

このパターンは再度出来てきますので、そこも気をつけなければいけません。
2ページ目、
徐々に盛り上がっていくところで、たいていコケるのですが、ちょっと暗譜をしようと試みながらもできてないのが原因なのかも。
今日はみっちり楽譜を見て弾きました。
が、怪しかった(ごまかせる程度だけど危なかった)





今ひとつ不鮮明ですが^^;
左手がシシ、シシ、と続いた後に音が変わるところでつまづくのがわかったので、ここは十分頭で覚えて左手を弾く必要がありますね。
sfpはスフォルツァンドののち直ちにpですが、後半はどんどん盛り上がっていくところなので、そこは明確にしないでクレッシェンドをしていきましょうとのこと。
この辺りは気持ちに乗せて、どんどん弾いちゃうのですが、怪しくてこけそうになるので、もっと弾きこんでいかないといけません。





ここの中段、和音のところはとても好きなところです。
バッハを感じさせるような?神の領域を感じさせる和音なのですが、pの中で強弱をつける、ちょっと大げさになりすぎていました^^;


続いて第二楽章。





再現部ですが、手書きの左手のスラーのあるように、3つの音を三連符と感じて弾く。
ちょっと鋭くなっているようでした。

先生からすると弾けてるとのことですが、不安な箇所などはどういう練習が必要かを教えていただきました。
だいたい弾けているから、あとは思いを乗せて弾いてと。

自分ではまだまだ譜面どおり、自分の思いを乗せて弾くに至っていない感じがしてます。
ぎこちないし。
ぎこちなさ、危うさはやっぱり練習するしかないですものね。
やみくもに弾くのではなく、組み立ても考えながら・・・ね。

う~ん、余裕を持って弾けるようになって、発表会に臨むのが理想なんですけど、できるようになるかしら・・・(汗)
つづく~
                            
[2014/09/28 15:01 ] | レッスン | コメント(6) | トラックバック(0)
どうもいかんなぁ・・・
練習すればしただけ、弾けるようになってきた頃と違って、最近ものすごく停滞してます。
ベトソナが。

今日も1時間ぐらいベトソナの練習してますが、ちっとも上達してる気がしない。
練習の仕方が悪いんだろうか。

録音してみたのを聴いても冴えない。
いっぱいミスするのを始め、どこがどうっていうのもよくわからないほど、イマイチなんです。
たぶん気持ちによるものも大きいのかも。。。

ちょっと、飽きてきたのかも・・・
いけない、いけない、あと1ヶ月ちょっと弾かなければいけないし、他のものをおいといてでも、やらなければいけないし、と頭では思ってるんですが、どうもノラナイ。

こんなとき、いい感じで弾けるわけがないですよね。
あさってのレッスンで先生に聞いてみようかな。
あと1ヶ月どう練習したらいいのか。。。
[2014/09/26 16:06 ] | ピアノ | コメント(8) | トラックバック(0)
ダメだなぁと思うこと
日頃からダメだなぁと思うことは多いんですけど、
例えば、仕事から帰って来て食いしん坊だから、けっこう頑張ってご飯は作る。でも、掃除はいい加減で、ココ汚いなぁと思いながらも、「ま、今日はいっか」と子供が帰ってくるまでのわずかな時間はできるだけピアノにあてる。

仕事がない日、これまた、食べたい物を作りたいから、午前中からできる下ごしらえをして、買い物に行く。
掃除はまたまたざざーっと掃除機をかけて、だいたいおしまい。
だいたい午後は用事があることが多いから、それまでの時間はあいてたりするのに、PCの前に座ったら最後、ネットサーフィンをしてしまう。
ついつい、時間がたっちゃって、ピアノ弾けばよかったと後悔
読みたい本だってあるのに。
時間の使い方が悪いなぁ。

でも、最近一番ダメだなぁと思うことは、いつになっても運動しないことかな。
一時やっていたテニスも真夏は暑いからお休みしていて、そろそろ少しやろうかなと思っています。

でも、そういう運動ではなく、体のために、そしてダイエットのために、運動しなきゃなーと思っているんです。

5年ほど前、筋トレ(といっても、バリバリなものではなく、少し引き締める程度のもの)を頑張っていたころは、体がスッキリしただけではなく、気持ちもスッキリしてました。
洋服を試着するのも楽しかった!

今、その頃のジーンズはきつくて履きたくないし、会社にもお尻や腿の目立つパンツよりスカートを履いてっちゃうし、自分の今の状態に目をつぶっている感じです。

夫は、
「痩せられない人って言うのは、運動がキライなんだよな」と。
夫はもう40も半ばにさしかかろうとしているにもかかわらず、20代男性のようにモリモリ食べる人ですが、一駅分歩いたり、まずいなと思ったら走りに行ったり。

あー、私は同じことできないなぁ。
だって、走るのキライだし。
テニスみたいにボールを追いかけて走るのはいいけど、ただ走るとか絶対無理。

なんてことを言ってると、ま、いいんじゃん、別に痩せなくてもと、鼻で笑われる。
おまけに、年とってきてからは、痩せてるよりぽっちゃりしてるほうがいいんじゃないの?
と、言う割に、「ママ強いよな~絶対腕力とかオレより強いよな。」と子供に話す。
ムキーって思いますね。

まずは、家でストレッチとか、以前やっていた腹筋とかスクワットとがボチボチ始めるかな(結局、弱気(^^;;)
[2014/09/24 21:10 ] | 日常のこと | コメント(8) | トラックバック(0)
楽譜を物色
今日はデパートに行くついでにその近くにある楽器店へ行ってきました^^

それほど大きくもないけど、そこそこ楽譜はいろんな版が置いてあるほうかな。

一番の目的はバッハのシャコンヌ。
ブロ友さんオススメのこの曲、聴いてみると確かに素敵~
一度楽譜を見たいなと思ってました。

全音のピースであるもの、こちらは、ブゾーニ編ではなく日本人の方の編のようで、最初の出だしなんかはかなり易しくアレンジしてあるようでした。
そして、どこの版だか忘れちゃったけど(聞いたことがなかったので)、見つけました^^
う~ん、長いし難しそう^^;
こちらはお高くて2000円ぐらいしていたような・・・

それ以外に、発表会が終わったらトライしようかなとひそかに思っている曲。
こちらは、全音ピースと音楽の友社のものを持っているんだけど、なんだか見づらい。
たぶん、半年以上、もしくは1年以上?かかるほどだろうから、思い切ってエキエル版とかヘンレ版とか買っちゃおっかな~
なんて、思いながら見ると、2200円から2500円ぐらい。
一曲にこの値段か~~~と思いながら、結局買わず^^;
ま、まだやるのは先ですし。

他にも気になっている曲、そうそう、のだめちゃんの弾いたシューベルトのソナタも見てきました!
譜読み的には、マゼッパとかドビュッシーの喜びの島よりはしやすそうですけど、譜読み云々の問題じゃないですしね・・・
ソナタ集はけっこう分厚くて、これを買うのもなんだなぁ(他にやりたい曲ないし・・・それより、シューベルトっていっぱいソナタ書いてるのね~)と思っていたら、どこかの版で16番だけ扱っているものがありました。
こちらも、2000円ぐらいはしてたけど。

リストの気になっている曲なんかも見たりして。

何も買わなかったけど、けっこう楽しかったです。

バイオリンとかの楽譜に比べたらお安いみたいですけど(友達が嘆いていた・・・)、でも、外国の出版モノはやはりお高いですね~
でも、楽譜が見やすいんですけどね。気のせいかしら?!
[2014/09/23 20:54 ] | ピアノ | コメント(10) | トラックバック(0)
先日のレッスン バッハだけ^^;
秋晴れです。
彼岸花も咲いてます。



そういえば、先週のレッスンの振り返りをすっかり忘れてました(汗)

まずは、バッバから。

イギリス組曲第3番は、最後のジーグでした。
初めて聴いてもらいましたが、一応マルとなりました。
でも、自分の中ではあまり弾けませんでした。テンポUPに気をとられ、ぎこちないし、ミスばっかりだし。
もう一度見てもらってもいいのかとも思いましたが、先生と次は何にしようかという話になっちゃいました(^^;;

バッハは大人になって再開してから、イタリア協奏曲、パルティータを4曲ぐらい、今回初めてイギリス組曲をやりました。

私の中ではパルティータとイギリス組曲、難易度も雰囲気?も、さほど変わらないようなイメージ。

子供の頃は、インベンション、シンフォニー、フランス組曲、平均律第一巻の半分ちょっとをやっていたようなので(よく覚えてませんが、楽譜を見るとあとが残ってました^^;)、平均律の途中から好きな曲をやってもいいし、イギリス組曲の他の曲をやってもいいし、好きな方でと先生には言われました。

家に帰って平均律パラパラ見ると、ううう、難しそう…
これをやるには、けっこうな時間をバッハに割かなければ弾けそうもないなぁ…(平均律なんだから、当たり前か)

バッハは好きですが、ベトソナとフォーレに時間をかけたいので、できるだけ譜読みがラクで弾きやすいものの方がいいなぁ。
平均律は確かに勉強にはなるんだろうけど。
ということで、逃げて(苦笑)次もイギリス組曲をやることにしました。

今度はYouTubeで聴いていいなと思った2番にします。
最初のプレリュードは8ページもあるから、半分ぐらいに区切って譜読みしようかなー。
あと1週間しかないので、それすらも間に合わないかもしれませんが^^;

一応、イギリス組曲の第3番のジーグを録音してみましたので、もしよろしければ聴いてください。
いつものことながら、微妙ですけど^^



[2014/09/21 16:33 ] | レッスン | コメント(8) | トラックバック(0)
影響を受けやすい
遅い遅いのだめブームの我が家(^^;;

子供が、のだめCDが欲しいと言うので、Amazonで調べたら、たくさん種類があるようですねー。
どれがいいかわからないし、実際、本当に聴くの?って思うわけで、なかなか購入には至らず。

図書館にもあるかもしれなから、探しに行くと(もちろん、子供が)、100曲入ったCDを借りてきた。
あれも、これも、入ってるねー、なんて、聴いてると、ん?これで終わり???

一曲全部入っているわけではなく、ドラマや映画で出てきた箇所を中心にした一部の抜粋。
子供はちょうどいいかもー、長いしーと言ってますが、私は消化不良。
やっぱり全部聴いてナンボでしょ。

そして、ピアノ曲がでてくるたびに、

(シューベルト ソナタ18番が流れると)
子供「ママこれ弾ける?」
私「うーん、楽譜見てみないとわからないけど、たぶん弾けないんじゃん。」
子供「ふーん」

(ドビュッシー 喜びの島)
子供「じゃ、これは?」
私「あー、無理無理」

(リスト マゼッパ)
子供「じゃ、これは?」
私「こんなの、弾けるわけないじゃん!」
子供「どれも、弾けないんじゃん!」

って…

だいたい、のだめに出てくるピアノ曲は、音大生が勉強している曲でしょ、そんなのアマのおばさんがそうそう弾けるもんじゃーないっつーの。

いくら、先生に好きな曲を弾いていいわよって、言われたところで、手を出していいか、どうかぐらいは、何となくわかりますわ。
とはいえ、無謀曲でも好きな曲はチャレンジしてみたいんですけどね。
まあ、苦しむのは目に見えてますが・・・苦笑。

のだめに影響された子供、
「あー、バイオリン習っていたかった」とか、
「オーボエとかやってみたいんだけど」とか、
「去年のだめを見てれば、私、ピアノ続けてたかもー」とか、言ってます(^^;;

でも、最後は急に現実的になって、
「のだめのブックカバー買っていい?あと、レッスンバッグも欲しいなぁ」と言い出しました
残るは映画版のみだけど、子供の試験が終わるまでおあずけ~
早く見たいな~^^
[2014/09/19 17:40 ] | 日常のこと | コメント(8) | トラックバック(0)
理屈と感性
関東地方では昨日久しぶりに地震がありました。
会社でも警報音が流れたりしてちょっと怖かったです。
狭いオフィス、頭の上のほうの棚にもいろんな物が積んであるので、いきなり強い地震があったら、降ってきて危ないです。
いざとなったときに、どう行動するか、あらためて考えておかなきゃと思いました。

話は変わって、今年は残暑が厳しくなくて助かります。
いつの間にか、夏終わっちゃった?秋きちゃった?って感じで、ここ最近夏の疲れも出てます。
夜は全く起きてられなく、ゆっくりPCも向かえず…
昼間にちょこちょこ、皆様のブログにいくものの、読み逃げ状態となっていて、すみません

ところで、題名の理屈と感性の話ですが、先日のレッスンで先生と話したこと。
一つの曲と向き合うとき、皆さんはその曲についてどの程度調べますか?

のだめちゃんが、パリに留学したときのアナリーゼの授業で、とまどい、
「だって、のだめ、今までそんなもの習ったことないものぉぉぉ」と言ってたのを思い出しますが(^^;;

私は正直なところ、子供のときも、今もその曲が作られた背景やその作曲家の意図などをあらかじめ勉強することなく、いきなり楽譜に目をやって、弾いています。

今まで習ったどの先生からも、(計7人ぐらいになりますが)、調べるように言われたことがありませんでした。

今回、先生に聞いたのは、曲について説明本などを読んだほうがいいのかどうなのかということ。

お恥ずかしい話、最近まで、インベンションなどに解説本があることも知らなかった。
大きい専門店に言った時、ショパンのノクターンの手引きを見たことがありますが、その時へえーとパラパラ立ち読みしたことがあるぐらい。

私の先生は、
「もちろん、あらかじめその曲について調べたり、解説本を読むことはいいとは思う。プロのピアニストなんかは、多分いろんな解釈をふまえ、そこから自分はどう弾くのか考えているんだと思う。
でも、ある程度の決まりごとを理解することは前提とするものの、理屈ばかり先行しても、いい演奏はできない。
理屈がわかって、そして、自分の感性と照らして、また理屈に戻ってみたりと、いったりきたりでいいのではないかと思う。
解釈というのも、その時代時代でいろいろ変わるから、大前提のことが守られていれば、あとは弾く人がこう弾きたいという思いに乗せて弾くことが、聞いている人にも伝わると思う。」と。

先生のお知り合いの先生の中に、深く細かく研究される方がいらっしゃるそうだが、その方の演奏は実はあまり魅力的ではないそう。
これは、たまたまその方がそうだったということかもしれないけれど、最後はやっぱり自分の感性が一番大事なのかもねということだった。

自分で勝手に弾いているときはともかくとして、人の前で発表するとき、やっぱり聴いてくれる人に向けて、私はこの曲をこういう風に弾きたいんだという、メッセージが発信できたほうがいい演奏になる気はする。

今の自分といえば、人前演奏なんて、緊張でいっぱいいっぱい、当日そんな余裕は一つもないけれど(^^;;

人前で演奏する予定のベトソナ、今は譜面上の多少の分析(といえるほどでもないけど^^;)はしているし、先生からの指導もあるので、理屈は何となくわかりつつある、その上で、さらに自分の感性で弾けるためには、もう少し曲の背景などの深い理解が必要なのかも。
やっぱり、ベートーヴェンの思い、かしら。
どうしても、ピアノの場合、弾いてなんぼ!と思ってしまうけど、弾かない勉強ってのもいっぱいあるんですよね。
プロの演奏を聴くこと、曲や作曲家について調べること、そして、先生に言われた、楽譜を弾かないで見て、どう自分が弾くのかイメージすること、など・・・

やるべきこと、いっぱいあるな。
時間がもっと欲しいな~


[2014/09/17 16:56 ] | ピアノ | コメント(4) | トラックバック(0)
お出かけ
昨日は久しぶりに会うお友達とランチ@神楽坂。

神楽坂っぽい細い路地を進むと、いくつかのお店が入っているビルがあります。
そのビルのエレベーターに乗る前のお庭が素敵☆





イタリアンを食べました











お腹いっぱいになりましたが、夜は夜でお腹がすく私。
だから、痩せられないんでしょうね

今日のお友達は、子供の中学受験のときに知り合ったお友達なので、基本的には子供の話題が中心。

でも、私が今、ピアノにハマっている話をすると、彼女も小さい時から高校受験までやっていて、その後もお遊びで弾いたりしていたそう。

聞けば、バッハの平均律もやっていて、嫌になった(笑)らしい。
でも、ショパンやベトソナなども弾いたことがあって、機会があればまた習いたいなと言っていた。
ぜひ、やろうよ、と勧めてみました

私も再開してから、このブログを書く前までは、それほどピアノに情熱がありませんでした。
何日も弾かないで、わ、わ、まずい、レッスンなのに、練習してない!と慌てて弾くこともしばしば。
(子供のことをとやかく言えない)

今では、物理的に弾けない日(旅行とか)以外で、弾けないと、ちょっとどんより💧
そして、頭の中も常にピアノだったり。

以前からすると、考えられません

ブログ効果です
たくさんの方のブログにお邪魔させていただき、とーっても刺激を受けています。
そして、練習会をご一緒してもらって、また来月実現しそうです!
嬉しいなぁ😄

新しい会にも入れていただいて、なかなか参加できないかもしれないけど、とっても楽しみでワクワクしてます!
みなさま、ありがとうございます
[2014/09/14 10:32 ] | 日常のこと | コメント(6) | トラックバック(0)
頭の中は・・・
ここ最近、頭の中はピアノのことでいっぱいです。

先日コンサートに行き、プロの生ピアノに触れてから、どうやったら、あんなにいい音色を響かせられるんだろうって思います。
コンサート、本当によかった~
いずれ、詳しくは書きたいとは思っています(忘れちゃったりして・・・^^;)
そのピアニストのファンになっちゃって、you tubeから音源を探して、通勤のときに聴いています。
ホレボレ~

それとは別にベトソナもいろんなプロの演奏を聴いています。
最初はどのプロのもよく聴こえていましたが、だんだん好みがはっきりしてきた!
こう弾きたいというイメージも出てきたせいかな。
なかなか思い通りに弾けませんけど(これができたら、苦労しないわ~)

それどころか、何だか独りよがりの演奏になってるような気がしてたまりません・・・
レッスン1ヶ月近くあいちゃったからな~

ベトソナ、数ヶ月前は全く興味がなかったのに、今は次の弾きたい曲も決まってます^^
その次も、その次も(笑)
どうしよう、ベトソナに限らず弾きたい曲がありすぎる(笑)
「もう少し経ってから」とか、「余裕が出来てから」とか、「私には弾けっこないわ」と思っていた曲もどんどんチャレンジしたいと思います。
ダメならそこで考えればいいし~と思っています^^
でも、まずは発表会!
何だかだんだん焦ってきました^^;

[2014/09/12 20:57 ] | ピアノ | コメント(6) | トラックバック(0)
| ホーム | 次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。