スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
いつかは弾きたい曲
今日は気分をかえて、いつかは弾きたいなと思っている憧れの曲を書きたいと思います

難易度めちゃ高く、いつか弾けるのか?わかりませんが、憧れは憧れだし(笑)

1番はショパンのアンダンテスピアナートと華麗なる大ポロネーズ。

以前も書いたかもしれませんが、子供の頃に年上のお姉さんが発表会で弾いていたもの。
そのお姉さんはT学園大学在学中のときに帰省して弾いてくれたのですが、本当に素敵でした。
今はスペイン(だったかな!?)を中心に演奏活動されているようです。

あのポロネーズのリズムとともに優雅なメロディ、虜になってしまいました曲は長いけど死ぬまでにいつかはチャレンジするぞーと思っています。

ショパンイヤーのときに、ラ・フォルジュルネでオーケストラの演奏も聴きました。これまた、よかったんだなぁ。

というわけで、これが1番です。


続いては、たくさんありすぎて悩みますが、ショパンのバラード4番かなぁ。

バラードは大人になって再開してからは弾いてませんが、高校生のときに、3番と1番を弾きました。
どちらも大好きでした。

バラードの中でも4番はものすごく難しいのですよね???
でも、素敵なんですよね~4番。

あ~弾けるようになりたい!!!

その他については、また今度書きたいと思います^^
スポンサーサイト
[2014/04/30 18:54 ] | ピアノ | コメント(4) | トラックバック(0)
冴えないので
いろいろと、冴えないので、気分転換に写真でも。



八重桜が散った後です。




病院に行ったときに、キレイだったのでパチリと撮りました。
立派なハナミズキでした。




何かちょっと甘いもの!と思い、コンビニに寄って、モンブランを。
ペロッと食べちゃいました。


ピアノ、ボチボチ弾き始めてます。
熱はないのですが、頭がボーッとだるく、ガンガン弾く気力はないので、少しずつ。

本当はノクターンのお披露目会があったのですが、結局欠席でした。
キンチョーしいの私とすれば、貴重な人前演奏の機会だったのですが
悲しいけど、仕方がないですね。

[2014/04/29 17:48 ] | 日常のこと | コメント(2) | トラックバック(0)
久しぶりの体調不良
もともと残念ながら、あまり丈夫な方ではありませんが(見た目には見えないところがさらに残念)、久しぶりに風邪をひきました。

一昨日帰ってからどうも体調がおかしいと思い少し休むつもりが爆睡。
熱があったようです。

とはいえ、なかなか休んでられなく、昨日は熱もなかったので子供の学校の保護者会に行ったのですが、今度は声が出なくなりました。
あーあ。
しゃべりたくても、しゃべれない、子供を怒りたくても怒れない。
とっても不自由です。

今日を逃すとまた行けなくなるので、耳鼻科にかかってきました。
やはり相当喉に炎症があるようです。
お薬を飲んで、うがいをよくして、とにかくしゃべらない!ことだそうです。
これ、かなりキビシイ。

昨日も子供と最初はひそひそ話。
なぜか、子供まで小声(笑)
しかし、この小声はかえって喉によくないらしい・・・
仕方なく次は筆談。(といっても、私だけ。当たり前)
腕が痛くなる。

本当に不便だな。

仕事は喉を使う仕事なので、早く治さないと。
頭も重いので、寝ちゃおうかな。
ピアノも今年になって始めてまる2日触れてません・・・
早くすっきり治りたいです!
[2014/04/26 13:46 ] | 日常のこと | コメント(4) | トラックバック(0)
庭がピンク
お花の周りがピンクに染まっています。
私が手入れしているわけではないので、何の花かもわからない(汗)





桜が散る前がコチラ





ちょっと前の八重桜。
重そう・・・今は地面を見るとだいぶ散ったように感じますが、見上げるとまだまだ。
花が多いからかな。


[2014/04/23 22:15 ] | 日常のこと | コメント(4) | トラックバック(0)
レッスン続き
ノクターン1番はお披露目があるので、みていただくのは、これで最後です。

弾いてみて、あー何だか型にはまった、面白みのない演奏だなぁと自分で思いました。家で弾くのと違ってのびのびとは、弾けません。
先生の前で緊張することはないのですが、どうもね、仕上がっている曲を聴いてもらうときが一番自分で固くなっているのがわかります。
上手く弾こうという意識があるからでしょうか。
だから、それに加えて緊張する発表会はますます固くなるのよね

先生は全体を通してキレイに弾けてますとおっしゃってくださいました。
ショパンは同じメロディが二回、三回と繰り返されるとき、最初の部分より次の部分は装飾され豪華になっていたりする、そこを踏まえて最初のメロディはまだ抑え気味に歌う、中間部の何度も繰り返されるメロディの最後はもっと、最後だということを楽しんで?名残惜しんで?弾いていいんじゃないの?と。
あと、歌って弾くと、いろんなとこに間ができてしまいますが、あまりあると聞きづらい、この部分は普通に流れて弾いて、この部分に入るときに間をとるなど、メリハリをつけた方がよいなど。

この1番は前の先生のときにみてもらったことはありますが、そのときはほとんど何も指摘されなかったんです。
なので、中間部の繰り返されるメロディ、正直なところ、自分で弾きながら退屈さを感じてました。

でも、今回、今の先生にみてもらい、構成を考えて(って、本来当たり前のことなんでしょうが)、弾けるようになったと思います。
頭でわかっているのと、実際弾けるのとは、また違うんですけど

スケルツォ3番は高音部から降りてくるアルペジオを中心に練習したつもりですが、、、
やっぱり上手く弾けませんねー。
どんな練習をしてますかと尋ねられ、片手ずつゆっくりやってますと言うと、では、スタッカートで片手ずつ、両手でやりましょうと。
リズム練習を怠ってはダメですね。右手で言うと5、4の指で弾くところが強調されるところなので、どうしても弱々しくなりがち。
でも、たぶん、私の場合、左手がだめそうです。左手単独で弾くと途端にぎこちない感じになりますから。右手にお供してるときは、何となくごまかされていますが、お供できないときは、頼りない感じ…

あとは、休符のところで、お休みしすぎなところが(^^;;
お休みしたい!っていう、今の私の願望が出ちゃった?
お休みしないで先に進まないと(≧∇≦)
[2014/04/22 21:47 ] | レッスン | コメント(2) | トラックバック(0)
4/20 レッスン
レッスンに行ってきました。
燃料がほとんどなく、片道15キロちょっとあるので、燃費走行で。
何とかガス欠にならずに無事に帰りたい!家の近くで給油したい。
帰りは、やはり、ランプがついちゃいました

我が家の車、今年で11年になるし、すでに11万キロ走ってます。
雪道でも走れるように、4輪駆動にしたせいか?燃費もかなり悪い
見た目、キズやら凹みやらありますが、あまり気にならないし、まだ乗れるし、他に物入りだったこともあり、消費税up前に買うことも検討せず、乗ってます。
その前に車検も通したし、ファンベルトを替えたり、オイル交換したり、ちょくちょく出費はしてるし、こうなったら乗り倒します!

と、車の話になってしまいましたが、レッスンの話を。

バッハのイギリス組曲3番のプレリュードから。6ページあるうち4ページだけ譜読みしていきました。
ゆくゆくはアレグロの速さで弾くわけですが、まずはゆっくり。
テーマのメロディ以外の部分(特にバス)のつながりも意識して弾くようにとのことでした。
私の譜面ではスタッカートがあるところも、原典版ではないんですよね、そこは軽やかなイメージでスタッカートがついているのかもしれないけれど、その音が一拍目のとき、もう少し強調?というか、意識して弾く方がよいと。
具体的ではなく、抽象的ですみません。
実際はこの部分!というのがあるので、私はわかっていますが(^^;;

長くなったので⁈、ショパンはまた今度にします
[2014/04/21 22:36 ] | レッスン | コメント(0) | トラックバック(0)
寒い・・・
この週末の関東地方は本当に寒いです
先週が暖かかっただけに、その後の寒さ堪えます・・・
もういらないかな~と思っていたけど、灯油を足して再びファンヒータの出番。
へばりついて、離れたくないありません。

今日はこれからレッスンですが、少々睡眠不足のため、往復の運転中に眠くならないか不安。
ガンガン眠くならない音楽をかけていこう~
[2014/04/20 14:12 ] | 日常のこと | コメント(0) | トラックバック(0)
ベトソナに夢中
通勤のときは、いつも音楽を聴いています。
時間にして片道30~40分ほど。

弾きたい曲の発掘。
いっぱい出てきました
中でも、今はベトソナに夢中。
先日先生が教えて下さった曲、ブロ友さんが教えて下さった曲、いろいろ聴いています。
中にはもちろん、弾けないだろうなと思えるものもありますが、始めから諦めるのも何だしねぇ?

楽譜を見て、もちろん、難しそう!って思うんですけど、譜読みは何とかなりそう?!
ベトソナより、ドビュッシーの映像の方がよっぽど譜読みは大変そう!
何しろ音が多い
おまけに、近代の作曲家の曲は弾いてても、この和音、これでいいんだろうか?といつも腑に落ちない感じ。
予めよく聴いたりして耳が慣れていれば、つかみやすいのでしょうが。一通り弾けるようになるまで、時間がかかります。

というわけで、次はベトソナの告別か28番か30番かをやりたいなと思っています^_^
その中でもどれが比較的取り組みやすいか、明後日のレッスンのときに聴きたいと思います
楽しみだな

気分はベトソナなので、すっかりショパンのノクターンが手薄になってます。
通しで一回弾くのみ。

スケルツォは地道に頑張っていますが、最後のかっこいいコーダ、弾けません!!!速く弾くと崩壊
ゆっくり弾いたり、片手ずつ弾いたりしてるんだけど、簡単にはいかない(当たり前…)、やっぱり難しいーーー
[2014/04/18 17:57 ] | ピアノ | コメント(6) | トラックバック(0)
音感は備わった?
以前も書いたのですが、うちの子供は年長から小学5年まで、そして、中学に入って半年ほどピアノを習っていました。

最初の頃、聴音をレッスンでやっていたのですが、だ、だ、だいじょうぶ?というぐらいできませんでした。
ドミソと先生が弾いて、子供がドミソと答える。ここは、まだ答えられる、でも、ドファラとかシレソとかになると、まるでちんぷんかんなことを言うんですよ…
いくら幼児とはいえ、あー、この子は全く音感がないんだなぁと思いました。

レッスンを続けている過程で、台所にたちながら、子供の練習を聴いてると、ん?その音、絶対違うよね?ってのも、平気で弾いてる。不協和音でも平気。
私が耐えられなく、「今のこの音、違うでしょ!?」って言うと、「えー、見てないのによくわかるね」って(^^;;
だいたいソナチネとかブルグだったら、相当昔とはいえ、何となく覚えているし、そんな不思議な音の組み合わせ、ないし。

それで、歌を歌っても、これまためちゃめちゃ外すんです。いわゆる、音痴…
これも、音感のなさなのか、声が思っているように出せないのか?なんだか、わかりませんが、子供が歌い出すと、その音違うーと突っ込みどころ満載。
でも、あえて直しませんでした。本人、楽しく歌ってるからね。

そんなこんなで、きましたが、ここ最近、あれ?もしかして、わかるようになってきた?と言うことが。
先日カラオケに行ったとき、子供がよく聴く歌は一応さほど外さず、音程も概ね正しく歌えてた。

それと、私の発表会、間違ったところをもれなく指摘できる。
練習のときに、子供はさんざん家で聴かされているわけだけど、ビデオに撮った私の演奏を聴いて、「あ、ココ!あ、ココ!」と、そりゃぁ、嬉しそうに指摘してくれるんだな!
いかにも!ってな間違いだけでなく、ラフマニノフの前奏曲6番のように、間違えてもそれほどわからないよね?ぐらいの間違いも。
今頃になって少しずつ音感が備わってきたのかなぁ^_^
[2014/04/17 06:52 ] | ピアノ | コメント(2) | トラックバック(0)
ほぼ満開
八重桜がほぼ満開になりました。
樹齢40年と少しですが、存在感たっぷり。
花の一つ一つも大きいですからねぇ。



今年の関東地方の4月は晴れの日が多いですね。
例年より日照時間も多いそうです。
だんだん紫外線が気になるわ
[2014/04/15 06:42 ] | 日常のこと | コメント(2) | トラックバック(0)
| ホーム | 次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。