スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
発表会の直前はどうやって過ごす?
発表会の直前と言うか前日のことですが、前回と前々回の発表会のときは仕事をお休みにして一日フリーでした。

前回は発表会の前々日にレッスンに行き、
「先生、私明日一日練習できるので、何十回も弾こうと思います!」と話したら、
「え、通しで何回も弾いても意味ないわよ。一つ一つ確認したり、部分的におさらいしたりでいいのよ」と。

そうなんだぁ。
本番のシチュエーションを想定して(お辞儀までしちゃったりして^^)何回もやろうと思っていたのだけど。

対照的な行動をしたこともあります。
発表会の前日にテニスをしました。
そのときは、姉に「え~、怪我したらどうすんの?せっかく練習してきたのに」と言われました。
さすがに、そうだなと思いました(←アホな私・・・)
幸いケガもなく、腕も痛くならず無事に終わりましたが^^;

試験(勉強)は前日やればやるほど、できるようになるし、むしろ直前にたたきこんだことでうまくいったりすることもある?けど、ピアノはそうではないんでしょうね。
ピアノの先生の友達も、「そりゃ~やらないよりは、やったほうがいいよ」と言うぐらいでしたね。
ちょっとでも練習しておけば、本番も安心できるというのは、不安でいっぱいの素人考えなのかなぁ・・・

なんだかとりとめない話になってしまいました。
何が正解なんだか・・・
スポンサーサイト
[2014/02/27 08:09 ] | ピアノ | コメント(4) | トラックバック(0)
発表会 その5
再開してからの発表会はこれで終わりです^^
5回目の発表会は去年の冬でした。

その前の発表会から半年もなかったので、短めの曲にしようとあれこれ、また迷い^^;
以前から弾きたかったラフマニノフの鐘にしました。
これを聴くと、バンクーバーの真央ちゃんを思い出します。

暗くて寒いロシアの風景を思い浮かべながら、ほんの少し光が見えそうで、でも最後まで救われない感じ?
これ一曲でもよかったんですが、この暗い重い雰囲気を一蹴するような曲も弾きたいかも!といろいろ探して、やはりラフマニノフの前奏曲6番を弾きました(op.23no.6)
こちらの曲は先生にも「知らなかったわ」と言われたので、あんまり知られてないのかもしれません。
でも、弾き続けるうちに大好きな曲になりました。
鐘と対照的で幸福感に満ち溢れた甘美なメロディーが流れます。

さて、本番ですが、いつものように緊張してましたが、鐘は堂々と弾こう、落ち着いて、と自分に心の中で言い聞かせたつもりですが、う~ん、めちゃめちゃ不本意な演奏となりました。
ミスタッチいっぱいしました。
しかも、鐘は肝心なところで。和音で下っていくところ、弾きなおしちゃいました(悲)

今回は終わった後久しぶりに落ち込みました。
何がいけなかったんだろう・・・
あんなに練習したのに。とは言えませんが、前日はかなり弾いた。
発表会の直前の過ごし方に正解はあるのでしょうか?
これについて、また書きたいと思います^^
[2014/02/25 21:10 ] | 発表会 | コメント(2) | トラックバック(0)
大人の発表会で弾いた曲 その4
ショパンの舟歌で懲りた?私は次回曲の選曲、ものすご~く悩みました。
もともと、本当に曲を知らない私。
有名曲しか耳馴染みではなく・・・

本当は皆があまり知らない曲にするつもりだった・・・
だったのに、結局割と知られている(と思う)、ショパンのポロネーズ1番を選んじゃいました。
これはけっこう繰り返し部分があるので、楽譜を置いて弾くにはラクかなと^^;

この曲を決めたときは子供が受験で2ヶ月丸々レッスンをお休みしていました。
なので、自力でできるだけ進めることに。

ポロネーズ独特のリズム感、私はけっこう好きです。
子供時代(といっても高校生)とのきに、軍隊と英雄は弾きましたが、英雄はとても好きでした^^
ポロネーズは幻想も5番も弾きたいけど、またまた大曲でなかなか手が出せません。

で、このときに発表会。
大人になって初めて、うまく行きました^^(私の中で)
珍しく普段の練習どおりに弾けました。(こんなことは、中々ないからね・・・)
1番は私にとっては弾きやすかったのからなのと、ホールが2回目でその大きさに多少びびらなくなった?からかな。
ほんの少しずつ、極度の緊張感がやわらいでいる?(と思いたい・・・)

辛口の子供も「ママ、うまくいったね」と珍しくほめてくれました(苦笑)
でも、でも、次回の発表会がね~~~というわけで、つづく・・・
[2014/02/24 09:23 ] | 発表会 | コメント(0) | トラックバック(0)
楽譜を見に
今日は何もない日だったので、練習を少しまとめてしようと思っていたんですが、気になっていた楽譜を探しに行ってきました。

まずは車で10分ほどのところにある楽器屋さんの楽譜コーナー。
こちらはお決まりのものが最低限あっただけで、探しているものは見つからず・・・
あ~やっぱりダメだったかと、このまま帰ろうとも思いましたが、せっかくだし!と夫を説き伏せ、そこからさらに車で30分ほどのところにある、楽器屋さんに行きました。

ここは一応、ワンフロア(といっても、さほど大きくないけど)楽譜スペースだし、輸入版もあるし、と思って行きましたが、3つ探していたものの2つしか見つからなかった・・・

そもそも、ネットで買えるんだけど、中身を見てみないと買いたくないんですよね・・・
その曲を弾くかどうかは、楽譜を見て、「うん、これならいけそう!」と思わない限りちょっと手をつけたくないし。
実際見た目と違うことは多々ありますが^^;

以前、演奏会でリストのリゴレットパラフレーズを聞き、わ~私も弾いてみたい!!!(そう思っちゃう私も図々しいんだけど)って思いましたが、聴いててもめちゃめちゃ難しそうだった上に楽譜を見て、うわ・・・無理・・・と思いました。
先生に尋ねたところ、「時間と根性ね」と。
う~ん、どちらもないかも・・・^^;というわけで、これは聴く専門ですね、たぶん。
手をつけたところで絶対人前で弾けないだろうし。

結局、お目当てのものは、やっぱり銀座のYAMAHAに出かけるしかないかな~という結論です。
果たしていつ行けるやら・・・シクシク
[2014/02/23 16:30 ] | ピアノ | コメント(0) | トラックバック(0)
努力は裏切らない。
真央ちゃんの演技、またまたタイムリーではないものの、見ました!
こみあげてくるものがありました。
胸が熱くなりました。

今までの努力が報われてよかった!
ここ一番の精神力の強さはやはりすごいな~

世界選手権は出場するとのことで、また楽しみです^^

そして、あっという間に週末がやってきました。
今週は何かと忙しく毎日30分くらいしか練習できてません・・・
パルティータのジグーは半分しかやってないし、パピヨンはフィナーレの譜読みが不完全だし、
スケルツォはほとんど進んでなく、譜読みしたところも忘れちゃいそう(涙)

本日はノクターンをやってみましたが、いきなり弾こうとしたらぼろぼろ。
そりゃそうか、3年?4年?前にやったものだし、ちゃんとやり直さないと・・・
あれもこれもやれなくて、気が焦ります><
[2014/02/21 21:59 ] | 日常のこと | コメント(2) | トラックバック(0)
いつも通りにやる
真央ちゃんの演技、タイムリーには見てませんが、今朝結果を知り衝撃的でした。
仕事場でも「どうしちゃったんだろうね」という話題で持ちきりでした。
これまでの努力をテレビで見ていたので、本当に切なくなります。

練習ではできていたことも、本番でできない。
いつも通りにやろうとしても、できない。

レベルが全く違うので話題にするのもおこがましい話ですが、自分のピアノもそうだな~
自分なりに頑張って練習して、家ではほとんどミスなく弾けていても、本番では「えええ~こんなとこ、今までミスったこともないのに」というところで、つまづく。
そんなことばかりですけどね・・・

どうしたらいいのでしょうね。

真央ちゃんだって、何がいけなかったかわからないんでしょうね。

今日のフリーでは終わった後に、やりきった清々しい表情を見れることを祈ります。


[2014/02/20 20:28 ] | 日常のこと | コメント(0) | トラックバック(0)
ショパンのノクターン
ショパンのノクターンは、子供時代は1曲もやっていません。
自分で勝手に2番を弾いて、姉の結婚式で弾きましたが。

再開してから一番弾いたのはショパンだと思います。
なかでもノクターンは結構弾いた気がします。
どれも素敵ですからね~

最初に弾いたのは遺作の嬰ハ短調でした。
短いし有名曲だし、ブランク明けにはもってこいだったかな^^

その後、順番は覚えていませんが、1番、5番、8番、13番、19番とやりました。
あれ、書き出してみると、意外と弾いてませんね
まだまだ素敵な曲はあるので、いつかやりたいな~と思っています^^

弾いた中で一番苦労したのは13番だと思います。
かっこいいから好きなんですけど、終わり部分の和音の連続、メロディーを際立たせながら、テンポを上げて弾くのが難しかったですね。
あ、途中のオクターブも大変でしたが。
手は小さいほうではないかなと思いますが、力強く弾こうとすると決まって腕が痛くなりました
機会があればまた弾きたいけど、人前で披露する自信はないな~

ということで、次回の人前での演奏は1番にしました。
しっとり、切なく弾かないと
[2014/02/19 09:29 ] | ピアノ | コメント(4) | トラックバック(0)
一つの曲を仕上げる
長い期間、同じ曲を弾き続けるのがどうも苦手です。
ある程度仕上がってくると、次は何を弾こうかなと目移りしてしまう(^^;;

というわけで、長くてもショパン舟歌のときのように8ヶ月ほど。
普段弾いている曲は比較的短いスパンで変わってる気がします。
(あ、でもエチュードのように仕上がらないものもあるけど

先生は、だいたい「これ、どうする?もう少し弾いてもいいし、人前で弾かないならこれで終わりにして次の曲に進んでいいよ」とおっしゃいます。
ならば、次!といつもそこで終わりに^^;

でも、長く弾いているとそれだけ見えてくることもありますよね~(想像・・・^^)
完成度も違いそう~

同じお教室の大人の生徒さん、自分のどうしても弾きたい大曲を1年以上がかりで練習していらっしゃるとのこと。
普段お仕事をされている男の方だし、休日だって小さいお子さんがいるから、なおさらピアノを弾く時間はとれない。
でも、少しずつ少しずつご自分のペースで進められて、いつか発表会で弾ければいいなという感じだそうです。

確かに手の届かないような大曲も、そういった長いスパンで考えれば、いつかは仕上がるのかな?!

ついつい発表会やおさらい会が目前に迫ると、そういった曲の取り組み方ができないでいます。
いつも発表会の曲を決めるのが遅くて、結局慌ただしいんですよね。
(もう2月も半分過ぎたのに、今年の発表会の曲もまだ決めてないし・・・^^;)
先生にも「大人の方は1年ぐらい前から曲を決めて始める方が多いですよ」と言われますます焦っています。
[2014/02/17 22:52 ] | ピアノ | コメント(2) | トラックバック(0)
2/15 レッスン続き
昨日の続きです。

シューマンのパピヨンの11番を見てもらいました。

11番を弾いていて、ある程度テンポを上げてから、やはり腕に鈍い痛みが。
その原因を探るべく、一つ一つ丁寧にみてもらいました。

最初の部分。
ここだけで、10回以上は弾きました^^;
音の出し方がうまくいかず。

急き立てるように階段を上っていき、じゃんじゃーんと弾くのですが(あ~譜面がないとわかりづらいですよね)、そのじゃんじゃーんのところの音質が先生のイメージと違うようで。
先生、弾いてくださいましたが、さすが~すごい迫力。

私の場合、割と腕は開放されているらしいんです。
先生のイメージでは肩から背中からすべて力を解き放つイメージだそうです。
先生は合唱の指導もされていますが、声の出し方とピアノの弾き方はとても関係があるそうで、呼吸するときにに背中の部分の肺に息をふきこむようにするとよいとのこと。
ピンとくるような、こないような・・・
とにかく、背中の部分も使って、力を解き放つという感じなのかな。
(違っていたらごめんなさい・・・)

私はよくフォルテの堂々と弾く部分の前に力がぬけておらず、そのまま力をいれた状態で突入してしまうようです。
特にロマン派だから、きっちりとした速さで弾かなくてもいいわけで、そこは一旦ふっと力を抜くことが必要なんですね。(なんだかわかりにくいですね^^;)
もちろん、曲の流れであまり間があいちゃって変になっちゃうといけませんが。

全般的に弾けるようになってきた後は、もっと遊んじゃっていいのよと。
テンポをゆらしてみたり、同じフレーズが何度も出てくるときはその違いを際立たせてみたり。
自由に、楽しく。

次はようやく12番のフィナーレです。
これで、譜読みも終わりです^^

このまま弾き続けてもいいんだけど、これはどこかで発表する予定もないので、次回12番をみてもらい、後半部分をおさらいし、次の次に前半から最後までおさらいしてみてもらい、終わる予定(あくまでも予定だけど)になりました。
長いのでショパンのスケルツォと同時進行は時間的にも厳しいですからね。

そして、次のおさらい会にはショパンのノクターンにしようかと思っています。
今まで弾いたものからチョイスするつもりです。
間に合うかしら・・・


[2014/02/16 14:40 ] | レッスン | コメント(7) | トラックバック(0)
2/15 レッスン
今朝起きたとき、思いのほか雪が積もっていてびっくりしました。

フィギュアを見るため、夜中に一旦起きましたが、テレビに釘付けで外はまるで見なかったな~
羽生選手が金メダルを取れてよかった~
花束贈呈のとき、花束を渡すおばさま(あの方はロシアの偉い人なんでしょうけど)が羽生選手のほっぺたを触っていたのを見て、あ~私も触りたい!って思いましたけど^^
なんて、ツルツルなお肌なんでしょうか。うらやましい。。。

それはさておき、本日午後からレッスンでした。
前回と違って家族がおりましたので、あまり練習できませんでした(泣)

今回は前回の失敗(遅刻しちゃったこと)を踏まえ、早めに出発!
特に雪道でしたしね。
思いのほかスムーズに着いちゃいましたが^^;

今日はバッハとシューマンとショパンを持って行きましたが、レッスンはバッハとシューマンのみでした。
それでも雑談少々含め1時間半ぐらいいましたが^^

まずはバッハ。
ガボットは○をいただき、(実際私の先生は○しないんですけどね)
ジグーは半分しか譜読みしていかなかったので、半分だけ。
こちらは、あまり考えず弾いちゃっていたので反省です。
3声をしっかりそれぞれのメロディーを確認するのを怠っていました。
テーマだけをおっかけていました。
実際のテンポは速くて軽やかだから、3声を意識して弾き分けるのは無理に等しいですが、わかって弾いているのと弾いてないのとじゃ大違いとのこと。

シューマンはいろいろありましたが、次回に~
[2014/02/15 21:31 ] | レッスン | コメント(0) | トラックバック(0)
| ホーム | 次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。