明日はレッスン
2週間はあっという間です。
基本的にレッスンは月2回で、だいたい1回のレッスンは1時間ぐらいです。
時々、次の方がいらっしゃらない時は時間をオーバーして見ていただいてますが^^

今週もあまり練習できなかったので、勝負は明日の午前中!
幸いなことに家族もいないので、しっかり練習できそうです(たぶん・・・)
我が家の場合、リビング、しかもテレビのすぐ近くにピアノがあるため、
休日も主人や子供がテレビを見始めちゃったら最後、弾けません~(泣)

明日はスケルツォをみてもらうには、まだ早いかな~
転調するまで何とな~く見たというレベルだしな~

前回先生に
「スケルツォの3番に挑戦しようと思ってます」と言ったところ、
「あら~楽しみ!」と言われ、
妙にプレッシャーです^^;

それより、明日は次のおさらい会で弾く曲を決めたか聞かれるかも・・・
今やっているパピヨンにするか、
(でも、人前で弾けるほど仕上がらなさそうだし・・・)
短めの曲を新たに始めるか
(でも、今の持っている曲にプラスして始めるなんて不可能・・・)
といった具合にグダグダ悩んでいます。

こんなに発表会というか人前で弾く曲にこだわるのも、2年前の発表会が原因なんですよね~
これは次回に^^;
スポンサーサイト
[2014/01/31 21:20 ] | 未分類 | コメント(2) | トラックバック(0)
バッハ パルティータ
サラバンドもガヴォットも今ひとつ、どう弾いていいか分からず、これはやっぱりプロの演奏を聴いてみるのがいいかも?と思い、YOU TUBUで検索するもなかなかパルティータの6番って最初のトッカータか最後のジグしかなくて、マニアックなのか?と思っていたんだけど、ようやく見つけました~

マレイ・ペライアの演奏です。
6番全部聴くと30分なので、ここはちょっと時間がないから自分の聞きたい箇所だけ聴いてみることに。
素敵でした
サラバンドならでわの雰囲気って、こういうことなのね~
しっとりとした味わいの感じね~

いや~私の性格的に欠けているものだわ(泣)

時間のあるとき全部を聴きたいと思います。
バッハっていいね~と思えます^^

そもそも、子供時代には絶えず弾いていた(というか、与えられていた)バッハ。
特に好きでもなかったし、嫌いでもなかったので、大人になって何弾いてもいいよ~と言われたときに、特に弾きたいものの候補にあがらなかった。

でも、イタリア協奏曲だけは弾きたくて、もともと他のシリーズを持っていた春秋社のものを買ったら、その中にパルティータも入ってて、ついでにそのままやってみたという感じ。
少しずつできるのも利点だけど、バッハの良さを感じられるようになってきました。何か落ち着くというか・・・
(うまく言えないのが残念!)

というわけで、パルティータは2番から入り、3番、1番、そして今の6番。
この順番は単に私が勝手に決めたものですけどね。
これから残りの4番、5番もやろうと思っています。

先生からはゴルドベルグ変奏曲も薦められましたが、ん?何ですか?それは?と私には馴染みがないので調べてみなきゃ
[2014/01/30 09:55 ] | ピアノ | コメント(2) | トラックバック(0)
今までの発表会で弾いた曲 その2
何かをやりかけていて、違うところに頭がいくと、すぐそれまでのことを忘れてしまう私(汗)
ブログもそうです・・・

自己紹介のことや発表会のことも書こうと思いながら、すっかり忘れていました

さて、2回目の発表会のことです。
2011年4月。
今の先生に代わってからの初めての発表会でした。

本来3月下旬を予定していたものの、震災でそれどころではなくなりましたが、
先生の方針でカフェのようなサロンで行うことに。
ホールで行わない発表会は初めてでしたが、こじんまりとしていて、ピアノと客席が近く、とてもいい雰囲気でした。

この時選んだ曲はリストのため息。

この曲は中学3年のときに弾いた曲で大好きな曲の一つです。
この頃習っていた先生の発表会はビデオ撮影していたので、見てみると、
ものすご~く早い!
若さってやつかしら?勢いがあるというか、、、

今回は大人になってからだし、昔のように手は動かないし、でも、年齢を重ねたうえでの「ため息」だってあるし!
と、昔の自分に挑む?ように始めました。

会場がアットホームだったせいか?前回のように緊張せず、私にしては上出来でした。
前回のように子供がほとんどの発表会と違って、大人の生徒さんも多く、とても刺激になりました。
[2014/01/29 17:06 ] | 発表会 | コメント(0) | トラックバック(0)
体がガチガチだったので
昨日は午前中お休みだったので、よ~し、ピアノの練習をするぞ!と
思っていましたが、いざ、朝になると、肩はこってるし、背中から腰も痛いしで、
弾こう!という気がおこらず、マッサージ屋さんに行ってきました。

最近よくみかける「60分2980円」というところも気にはなってますが、
結局ラフィネへ。

40分のボディコースにしましたが、
く~気持ちいい
痛さ加減もちょうどよく、至福の時間でした。
60分も試したいな~
でも、どうしても一回にかけるお金が5000円を超えると
贅沢な気がしちゃって

帰ってからわずか30分の練習量でしたが、シューマンのパピヨン10を弾きました。

まとめた時間がとれないと、どうも弾くたびに振り出しに戻ってる気がします(涙)
[2014/01/28 16:26 ] | 日常のこと | コメント(0) | トラックバック(0)
譜読みが進まず・・・
今の練習曲、バッハのパルティータ6番と、シューマンのパピヨン。
バッハはサラバンドに加えて、ガボット。

新しく譜読みするのは、ガボット。
一見音符も少ないし(笑)すぐできるかな~と思ってたけど、
実際のところ、なかなか進まず。
リズムがね・・・
しかも、どうもこの曲はあんまり馴染めない(私の中で)
バッハって、いいな~と思う曲と、う~ん、つまんない!って思う曲と
どうも分かれちゃう^^;

そして、パピヨンは10番。
今回はこの2ページに専念。
1~9のおさらいなんて、ほとんど出来ず。
長いから仕方がないか。

少しずつ進めているスケルツォ3番。

でも、ものすごく無理が生じています。
仕事に行った日は弾けるのはせいぜい30分ちょっと。
本日のお休みも、なんだかんだとやってうちに、1時間も練習してないな・・・
ブログ書かずに練習せい!って感じですけどね(汗)

譜読みばっかり、疲れるな~
[2014/01/24 16:56 ] | ピアノ | コメント(2) | トラックバック(0)
大人になってから習う先生は・・・
大人になって初めての発表会に出てから、以前より向上心がめばえた。

そうなると、気になるのはレッスンの質。

先生はお子さんばかりを見ているまだお若い先生。
先生自身も自分で、
「ベートーベンの後期のソナタなどは教えられません。
 自分の弾いたものしか、正直難しいです」と。

そして、何より、おしゃべり好き~
これはね、私もおしゃべり好きなので、先生が悪いわけではありません。

先生のお宅でご挨拶して、まずは世間話。
ここで、花が咲いちゃうと、も~大変!
20~30分しゃべっちゃうなんてこともありました。

となると、一体いつ始めるのか?
毎回、この辺で話を終わらせないと、レッスンが~
なんて、気にしちゃって。
時間自体は1時間ほど取って頂いていたんですが、実質30分もなかったような

レッスン内容も、一言先生が感想をおっしゃって、あまり詳細にわたって、
つっこむ感じもないことが多く。

さすがに、発表会前はこれでいいの?って本当に迷いました。

そんなこんなで、今の先生とめぐり合うまでは悶々と続けていました。

今の先生、とてもいいです!
曲自体も深く掘り下げて教えてくださるし、ところどころ、褒めてもらえるし
大人になっても、褒められるのってうれしいですしね。
もちろん、おしゃべりもしますが、先生から
「さ、弾いてみましょう~」とお声がかかりますし(当たり前かな?)

そして、大人の方も多い!
これは、やっぱり大事。
同じ立場の方からは大いに刺激をいただけますしね。
[2014/01/23 17:00 ] | ピアノ | コメント(2) | トラックバック(0)
今までの発表会で弾いた曲 その1
大人になってピアノを再開し、5回発表会に出ました。

最初の発表会は2010年2月。
このときは、子供と同じ先生に習っていました。

再開してちょうど1年。
少しずつ指も動くように?なってきたかなと思っていた頃。

ショパンのノクターンOp27No2を弾きました。
この曲は大好きな曲です。

久しぶりの発表会。
いや~大人になって人前で弾くって、こんなに緊張するのね?
ってぐらい、緊張しました。

なんでだろう・・・
小さいときは平気で弾けたのに。
高校生ぐらいのときは多少緊張感はあったものの、ここまで、
ブルブル緊張するなんて!
最後のペダルを踏んでいるときも、自分が震えているのがわかりました・・・

途中思ってもみないところでミスをし、
でも、何とか弾き終わったとき、

充実感なんてかけらもない、なんでこんな思いまでして、出ちゃったのかしら・・・
と思いました。

ところが、ところが、このとき、知らないお母さんから、
「感動しました~」と帰りがけに声をかけていただき、
全く感動を与えるような演奏でなかったのに、びっくり。

このときの先生の発表会では小さい子が多く、私の弾いた曲が
珍しかったんでしょうね。。。
それにしても、日ごろ家族をはじめ、誰にも褒められるということが
なかった私は、俄然やる気が出ちゃいました。
そして、その後、別の先生を探すことに・・・

[2014/01/21 16:49 ] | 発表会 | コメント(2) | トラックバック(0)
発表会の曲選び
レッスンの振り返りもしたいんだけど、今一番迷っていること。

それは、発表会で何を弾くか。

うちの先生は基本的に大人は自分で曲を選ぶ方針。
よっぽど技量とかけ離れていれば、何らかのアドバイスがあるんだろうけど。

レッスンの終わりにちらっと他の方の様子を聞いたら、
4月と11月それぞれ、もう決めてらっしゃる方もいますよ~って。

いや~焦るわ・・・

通勤途中にいろいろ聴いてるけど(主にショパン)よし!これでいこうと
思えない・・・

基本的に弾きたいのは大曲。
でも、発表会に大曲は弾きたくないんだな。
あと、皆が知っている有名曲も避けたい。
いろいろ考えてると、時間ばかりがたってしまいます
[2014/01/20 22:39 ] | ピアノ | コメント(0) | トラックバック(0)
今日はレッスンでした~バッハ パルティータ6番
本日、今年初のレッスンでした。

去年の暮れに行って以来なので、約3週間ぶり。

3週間はあったけど、お正月実家に帰省してたり、年初はいつもより仕事が
忙しかったり、なんだかんだと、あまり弾けず。

バッハのパルティータ6番サラバンドは2回目。
これ、楽譜を見ていただけるとわかると思うのですが、めちゃめちゃ
譜読みしづらかった。
(私だけかな・・・^^;)

拍を数えるのに苦労。装飾音に苦労。
久しぶりにメトロノーム(昔ながらの赤い大きなやつ)を使って、
1小節ごとに確認しながら。
ここまでの作業は前回のレッスンまでに終えていたので、今回は
比較的ラク。のはずでした。

譜読みは一生懸命するんだけど、ひとたび、何となく(何となくです!)
弾けるようになると、途端に練習量が減ってしまう私・・・

今回はこの曲をさら~っと毎日1、2回弾いただけでおしまい。
一応、強弱なんかはつけてみたつもり。でした。

本日、いっぱい指摘をうけました(苦笑)

いつも、バッハに関しては、割と一回目で先生に
「うん、いいんじゃない」とか
「そうね、キレイに弾けてます」と言っていただける事が多いんですけど、

今日は細かかった~~~

一番はサラバンドならでわの、柔らかさがないそうです(泣)
ここの箇所はどう弾くのか、収束にむかうのか、次のフレーズにむかっていくのか、
バッハとは言え、もう少し自由に弾いていいんじゃないか、とのこと。

う~ん、難しいです・・・

バッハ、小さい頃本当によくやらされたんですよね。
その話はまた今度にしますが^^

曲全体で、和音を考えて、この音をどう弾くのか、丁寧に見直さなければ
いけません。
とりあえず、サラバンドはやりつつ、次のGavottaに進みますが。
こちらは、譜読みがしやすそう^^
[2014/01/19 15:25 ] | ピアノ | コメント(0) | トラックバック(0)
ただ今の練習曲:シューマン パピヨン他
書けるときに書いておかないと

ただ今の練習曲です。

シューマン:パピヨン
バッハ:パルティータ6番 サラバンド

そして、少しずつショパンのスケルツォ3番の譜読みを始めています。

シューマンのパピヨン、ようやく譜読みが9まで来ました。
いや~長いわ!
もう、シューマン、難しくて苦戦中です。
なんで、パピヨン、始めちゃったんだろう・・・

昔の恩師に発表会に出ないか誘われた際、パピヨンなんてどお~と
言われたのがきっかけで、楽譜を見て、う~ん、長いけど区切られてるし^^
一つずつ地道にやろうかな!と思ったのがきっかけで。

しかし、その発表会に出ることもなく、そのあと今の先生の発表会があったりして、中断。
再開するも、その前練習していたところも、メタメタ・・・
はぁ。

でも、とっても美しい旋律がだったり、力強い部分があったり、
とても素敵な曲
一体いつ自分のものとして、弾けるようになるか、ものすごく
時間がかかりそうです。

とりあえず、あさってのレッスンまでに、新しく譜読みした8と9を
まともにせねば!!!
[2014/01/17 17:07 ] | ピアノ | コメント(0) | トラックバック(0)
| ホーム | 次のページ>>