納得のいく演奏って
この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請
[2015/03/06 16:57 ] | レッスン
レッスンに行く前に
今日の関東地方は暖かい一日でした。
そんな中、レッスンに行ってきました。

午前中、畳屋さんがきたので、レッスンは午後イチ。
今のぼろくなった畳を持って行ってもらい、借りの畳をおいてもらう、という作業。
30分ほどで終わりますと聞いていたので、それなら、1時間半は弾けるぞ!とワクワクしながら終わるのを待っていました。

さ、バッハ、バッハ。
これ、録音してみようかな?と思ったのがいけなかった・・・
何度撮ってもトチッて弾きなおす繰り返しで、ほんの2段目ぐらいまでしか弾けない。
こんな状況ならとっとと、録音をやめればいいのに、撮っては~ダメ!で、練習してまた撮る、でもダメ!また練習する、また撮る・・・・・・・・・・・・・・・の繰り返し
結局、撮れませんでした(笑)

まあ、練習もできましたから、良し!

その後は大慌てで、(時間配分がいけませんでした)ショパンを弾き、シューマンを弾き、ご飯が炊けたので終了~

子供が試験中なので、お昼ご飯がいるんですよね。(面倒だ)
おにぎりとちょこっと何か用意し、自分も食べ、いざ!エンジンをかけ出発~

って、エンジンがかからない
何度やってもカラカラカラ~って。

何がいけないのか考える間もなく、おじいちゃんちの車を借りて出発しました。
あ~あ、車でいっぱいCDを聴こうと思っていたのに。
スマホじゃ充電がもたないよ

片道45分、いろんな曲が弾けるいい時間だったのに。

帰ってきたときには、うちの車はなく、おじいちゃんがバッテリー屋さんに連絡をしてくれたようでした。
バッテリーの寿命だったようで、他にも悪い箇所がみつかり、修理をしてもらいました。
3ヶ月前に車検を通したばっかりだったのですが。

レッスンはとても充実していました^^
またいずれ、覚えていれば(笑)カンタンに書きたいと思います(やる気が見られない発言ですみません)
[2015/03/04 22:47 ] | レッスン | コメント(2) | トラックバック(0)
混乱・・・@@
発表会の曲、通しの練習では暗譜して楽譜をおかずに弾いてばかりいました・・・

久しぶりに、楽譜を置いて、弾いている最中に何の気なしにふと楽譜に目をやったら、崩壊
かえって、一体どこを弾いているのか、わからなくなり混乱してしまった。
怖すぎる・・・

当日も暗譜なら問題はないんだけど、当日は楽譜を置く予定。
コピーを用意し、譜めくりのタイミングを頭でシュミレーションしただけで、ついつい、通して弾くときは暗譜で弾いちゃっていた。
そのツケが。

いっそうのこと、見ないで弾いちゃおうか。
いやいや、過去にそれで失敗したじゃん!
でも、今回は流れ的には混乱しない曲だし!
やっぱり、キンチョーから何があるかわからないから、置いたほうがいいよな・・・

揺れに揺れてます

次にガン見しながら、弾いてみました。
そしたら、暗譜で弾くより、さらにミスタッチがいっぱいに。

理由は、鍵盤を見れないから。
流れが速いとこ、ココ↓鍵盤見ようものなら、楽譜を追う目が追いつかないのよ・・・(涙)



いつもどうしてたんだっけ。

去年の冬は最初からずっと楽譜を置いていたので、そんな迷いもありませんでした。
その前は、暗譜してたけど、保険で置き、実際はほとんど見なかった。

その更に前は、自分では完璧に覚えてたつもりだったのに、ど忘れして、楽譜を途中から見た

などなど。

この2週間で方向性を考えねば。
というか、まず、今日の練習会のとき、どうしようかなー。
[2014/10/25 09:33 ] | レッスン | コメント(10) | トラックバック(0)
9/28 レッスンつづき
最後はフォーレをみてもらいました。

こちらは、無言歌の1番と2番。

1番はとにかくバッハやベートーヴェンと違って柔らかいタッチで弾くこと。
指をたてない、寝かせて、内声の部分は触る程度といってもいいぐらいに。
もっと揺らして、盛り上げるところはテンポをどんどんつめて、逆に音が飛ぶところなどはためを作って。
揺らすのはいいのですが、先走る気持ちに指がついていきません(苦笑)

2番は、まだボロボロ状態ですが、こちらの曲は流れるように。
どこがどうというような、盛り上げる箇所も少ないのですが、きれいな曲です。
まだまだ。
弾きこむことですね。

先生、この曲はご存知なかったようですが、「隠れた名曲ね~」と言っていただけました^^
「次回は3番を聴かせてね」と言われたので、譜読み、頑張らねば。

本来、発表会の1ヶ月前ぐらいになると、発表会の曲に集中していましたが、(バッハはやっていたけど)
これから譜読み???大丈夫でしょうか・・・
若干飽き気味になっていると、言ったからかな?!
ベトソナ5月ぐらいから初めてまだ5ヶ月、飽きている場合じゃないし、やるべきこともわかったし、そちら優先にしつつも、他の曲も進めたいと思います。
[2014/09/29 21:17 ] | レッスン | コメント(0) | トラックバック(0)
9/28 レッスン
今日はまさに秋晴れ~
太陽がまぶしく、運転する車の中は暑いぐらいでした。
庭の金木犀がとってもいい香りで、心地いい日です^^
金木犀、いつもは10月に入ってから咲いてるように思いますが、今年は残暑が厳しくなかったせいか、早いですね~

そして、レッスン。
バッハはイギリス組曲2番プレリュードです。
初めて持って行きました。
8ページあるので4ページまで。
アレグロで速いのですが、まだまだ弾けないので、テーマのメロディに気をつけて弾いていました。

こちらはいきいきと快活なイメージなので、16分音符のところもレガートに弾くのではなく、一つ一つの音を分離して弾くように。とのことです。
pのところも、弱弱しくなりすぎないように。
次回は最後まで。譜読みできるかな・・・^^;

次はベトソナ。
今、停滞中であることを伝え、そうしたらいいか聞きました!
第一楽章から。
家で弾くよりは少しばかり、まともに弾けちゃった^^;
でも、細かくみてもらいました。



冒頭、出だしは柔らかく、そして盛り上がっていきますが、アダージョの入り方について。
何となくアダージョにさらっと入ってしまってましたが、ためを作って、一番高音のラを響かせることが大事。
左手の休符のあとの和音が右手のラの響きを邪魔しないように。
と、細かく書くとこうなのですが、思いをのせて、アダージョを弾く。
がらりと変える。ということかな。

このパターンは再度出来てきますので、そこも気をつけなければいけません。
2ページ目、
徐々に盛り上がっていくところで、たいていコケるのですが、ちょっと暗譜をしようと試みながらもできてないのが原因なのかも。
今日はみっちり楽譜を見て弾きました。
が、怪しかった(ごまかせる程度だけど危なかった)





今ひとつ不鮮明ですが^^;
左手がシシ、シシ、と続いた後に音が変わるところでつまづくのがわかったので、ここは十分頭で覚えて左手を弾く必要がありますね。
sfpはスフォルツァンドののち直ちにpですが、後半はどんどん盛り上がっていくところなので、そこは明確にしないでクレッシェンドをしていきましょうとのこと。
この辺りは気持ちに乗せて、どんどん弾いちゃうのですが、怪しくてこけそうになるので、もっと弾きこんでいかないといけません。





ここの中段、和音のところはとても好きなところです。
バッハを感じさせるような?神の領域を感じさせる和音なのですが、pの中で強弱をつける、ちょっと大げさになりすぎていました^^;


続いて第二楽章。





再現部ですが、手書きの左手のスラーのあるように、3つの音を三連符と感じて弾く。
ちょっと鋭くなっているようでした。

先生からすると弾けてるとのことですが、不安な箇所などはどういう練習が必要かを教えていただきました。
だいたい弾けているから、あとは思いを乗せて弾いてと。

自分ではまだまだ譜面どおり、自分の思いを乗せて弾くに至っていない感じがしてます。
ぎこちないし。
ぎこちなさ、危うさはやっぱり練習するしかないですものね。
やみくもに弾くのではなく、組み立ても考えながら・・・ね。

う~ん、余裕を持って弾けるようになって、発表会に臨むのが理想なんですけど、できるようになるかしら・・・(汗)
つづく~
                            
[2014/09/28 15:01 ] | レッスン | コメント(6) | トラックバック(0)
| ホーム | 次のページ>>